触媒と光触媒:光触媒の勉強資料

触媒と光触媒

光触媒というものがそもそも何か、そして基本的にどんなメカニズム によるものなのか。それを知るためには、触媒ということについてまず 「おさらい」すべきでしょう。

触媒とは、化学反応をある意味で制御する物質のことです。化学反応 とは、分子間で原子のやりとりを行い最初とは異なった分子を作ること、 くらいにとりあえず考えてください。「ある意味で制御」といいました が、これは触媒が最終的に原子のやりとりの当事者になるのではなく、 他の分子が原子をやりとりする速度や、最初に必要となるエネルギー量 (活性化エネルギーといいます)を規定する、ということです。つまり 触媒とは、自らは最終的に変化することなく、化学反応を促進(または 停滞)させるものです。図では青丸で示しました。

そして光触媒というのは、光がないとそういった触媒効果がほとんど ない(またはまったくない)のに、光(紫外線など可視光以外も含む) によってその触媒効果を得る物質のことです。あるいはそういった作用 そのものを指すこともあります。光自体が触媒になるというより、光が ある物質に作用して、触媒としての働きをさせる、ということです。

触媒と光触媒 光触媒の勉強資料Homeへ 代表的な光触媒物質は酸化チタン




光触媒の勉強資料 目次一覧

[PR] FXEZ-2