酸化チタンとアパタイトのハイブリッド型:光触媒の勉強資料

酸化チタンとアパタイトのハイブリッド型

樹脂やプラスチックなど、自ら光触媒で分解される基材に酸化チタン を付ける場合、第8項(『酸化チタンのコーティング』)で述べたように接着層をはさんでコーティングする やりかたのほか、光触媒効果のないセラミックで酸化チタンと基材とが 直接触れないようにする工夫もあります。これは基材が紙や繊維などの 場合にも有効です。

酸化チタンとアパタイトのハイブリッド型

その代表的な例が、アパタイト(リン酸カルシウム)との組合せでし ょう。アパタイトとは歯や骨格を形成している主成分物質で、有害物質 を吸着する力を持っています。図のようにその突起が酸化チタンにくっ ついて金平糖のようになることで、酸化チタンと基材とは直接触れずに 済みます。さらにアパタイトの吸着力と酸化チタンの分解力(光触媒効 果)とが組み合わさることで、例えば夜間の光がない状態で有害物質が アパタイトに吸着され、それが昼に光触媒効果で分解される、といった メリットも出てきます。主にハイドロキシアパタイトを用います。

酸化チタンとアパタイトのハイブリッド光触媒は、「ジュピター」や 「ブライトセラム」という商品名で実用化されています。

産業技術総合研究所は、このハイブリッド光触媒を、数分から数十分 という短い時間で製造する技術を開発しました。さらに、ハイドロキシ アパタイト/Ca10(PO4)6(OH)2より耐酸性の強いフッ化アパタイト /Ca10(PO4)6F2を用いたハイブリッド光触媒も実現しています。

一方富士通研究所は、カルシウムヒドロキシアパタイトを樹脂へ直接 練り込み、樹脂の劣化を防ぎながら光触媒効果を確保することに成功し ました。

酸化チタンのコーティング光触媒シリカゲル




光触媒の勉強資料 目次一覧