光触媒シリカゲル:光触媒の勉強資料

光触媒シリカゲル

光触媒シリカゲル

第9項(『酸化チタンとアパタイトのハイブリッド型 』)と同じような「吸着+分解」の例として、光触媒シリカゲルとい うものがあります。ここで吸着力を持つのはシリカゲルという物質で、 二酸化ケイ素が元になっています。ビーズ状の乾燥剤としてもよく知ら れています。

有害物質を吸着する物質は、活性炭やゼオライトなど、ほかにもある のですが、シリカゲルは多孔質なので表面積が大きく(1gあたり約300 平方メートル)、そこに酸化チタンを担持させやすいことと、紫外線の 透過率が高いのでその酸化チタンの光触媒効果が失われないことが大き な特長となっています。

酸化チタンは表面にはないので、光触媒シリカゲルはプラスチックや 繊維と直接触れても大丈夫です。有害物質だけが光触媒シリカゲルの内 部へと吸着され、分解されます。個々の粒子は、数十マイクロメートル 程度から数ミリメートル程度のものまであります。

光触媒シリカゲルは「HQCシリーズ」として実用化されています。

「吸着+分解」のさらにほかの例としては、大林組が2005年6月 に発表した、備長炭の表面を光触媒酸化チタンでコーティングした商品 「ひかりの炭」があります。まずは造花や花器に応用しますが、今後、 内装天井材や壁材にも応用していくとのことです。

酸化チタンとアパタイトのハイブリッド型マスクメロン型光触媒




光触媒の勉強資料 目次一覧