昭和電工のブルッカイト型酸化チタン膜:光触媒の勉強資料

昭和電工のブルッカイト型酸化チタン膜

第2項(『代表的な光触媒物質は酸化チタン』)で、酸化チタンには、ルチル型、アナターゼ型、ブルッカイト型 という3種類の結晶構造があると説明しました。このうちルチル型が最も 安定で、顔料として用いられている酸化チタンの大半もこの型です。第3項(『酸化チタンの原点の本多・藤嶋効果』) で紹介した本多・藤嶋効果の実験でも、このルチル型が使われました。 ただし、光触媒効果はアナターゼ型の方が強いので、現在その目的で使 われている酸化チタンはそちらが主流です。ルチル型もアナターゼ型も 正方晶系といって、直方体の中に結晶が入っているような形です。

それに対し、ブルッカイト型というのは斜方晶系で、紫外線ではなく 可視光に応答させる目的などで、応用が試みられています。

昭和電工のブルッカイト型酸化チタン膜

ここでは昭和電工がブルッカイト型酸化チタンから開発した光触媒膜 (http://www.sdk.co.jp/contents/news/news02/02-12-03.htm)を紹介 しましょう。粒径10ナノメートルの粒子をスラリー化したもので、弱い 光源や可視光源に反応するほか、無色透明である、中性で安定である、 といった特長を持っています。防汚、脱臭、抗菌、排ガス処理、水処理 など、さまざまな応用が考えられる、ということです。2005年2月には、 昭和電工の子会社の国際衛生株式会社が、ブルッカイト型酸化チタンを 用いた脱臭装置「パナフィーノ」を発売しています。

マスクメロン型光触媒光触媒の脱臭への応用




光触媒の勉強資料 目次一覧