光触媒の脱臭への応用:光触媒の勉強資料

光触媒の脱臭への応用

光触媒の脱臭への応用

数多くの方面で役立てられている光触媒ですが、その中でも代表的な 応用例が、脱臭です。実は多くの匂いというのはごく微量(ppmあるいは それよりはるかに低いオーダー)の物質によって引き起こされるので、 自然光や室内光による光触媒でも十分な除去効果をあげる場合が多いの です。もちろん強い臭いを取るために、専用の紫外線ランプを使う場合 もあります。

臭い物質のうち光触媒により除去されるものの代表的な例としては、 アンモニア(し尿の臭い)、アセトアルデヒド(タバコなどの刺激臭)、 メチルメルカプタン(腐ったタマネギの臭い)、酢酸(すっぱい臭い)、 硫化水素(腐った卵の臭い)などがあります。

商品の形態としては、専用の脱臭装置や空気清浄機、消臭スプレーの ほか、エアコンや掃除機や加湿器などの家電製品の中に入れたり、建材 や繊維やフィルムに組み込んだりします。あるいは塗料としてあとから 壁や床などに塗る場合もあります。

昭和電工のブルッカイト型酸化チタン膜光触媒によるシックハウス症候群対策




光触媒の勉強資料 目次一覧