光触媒の排ガス浄化への応用:光触媒の勉強資料

光触媒の排ガス浄化への応用

光触媒の排ガス浄化への応用

自動車による大気汚染の中でも、特に大きな問題となっているのが、 主としてトラックから排出される窒素酸化物や硫黄酸化物です。これら はもちろんある程度の規制は受けているのですが、それも十分といえる ものではなく、しかも必ずしも完全に守られているわけではありません。

そんな中、光触媒により窒素酸化物を硝酸(塩)に、また硫黄酸化物 を硫酸(塩)に、それぞれ変えてしまうことが有望と考えられています。 図では自動車から排出される有毒ガスとして一酸化窒素や二酸化硫黄を 示し、一酸化窒素が二酸化窒素に変わるように書きましたが、実際には 二酸化窒素自体も排出されます。いずれにせよ、光触媒により、それら が最終的には硝酸や硫酸に変わっていくわけです。ただし、酸化チタン だけでは効果が弱いので、何らかの吸着剤を併用することが普通です。

注意すべき点は、二酸化窒素自体は一酸化窒素よりむしろ毒性が強い ということです。二酸化窒素の段階で放出することのないよう活性炭で しっかりと吸着することが重要です。また硝酸や硫酸は、定期的に水や アルカリ溶液で洗い流さなければなりません。

光触媒によるシックハウス症候群対策光触媒によるダイオキシン処理




光触媒の勉強資料 目次一覧