光触媒の殺菌殺カビ効果:光触媒の勉強資料

光触媒の殺菌殺カビ効果

光触媒は活性酸素の強力な酸化力によって、有害有機物を中心とした 化学結合を破壊するのですから、当然細菌やカビなどの微生物に対して も大きな威力を発揮します。表題では一般的な言葉として「殺菌」など と書きましたが、実際には菌などを単に殺すだけでなく、その死骸から 有害物質から、根こそぎ消してしまうようなイメージです。

光触媒の殺菌殺カビ効果

従来から殺菌作用を持つ物質にはさまざまなものがありました。しか しその中には、人体に対しても有害なものもあります。だから使えない というわけではないのですが、当然ながら細心の注意が必要です。また 菌を殺すことはできても、その死骸までは取り除くことができないので、 死骸によって殺菌作用がうまく働かなくなったり毒素が残ったりします。 さらに、殺菌剤が放出する物質との化学作用で殺菌する場合は、これも 当然のことですが、いずれその物質は尽きてしまいます。

そういった欠点のないのが光触媒です。酸化チタン自体は、少なくと も現段階では人体には無毒と考えられていますし、細菌などを単に殺す だけでなく物質自体を水や二酸化炭素にまで分解するので、自然に、あ るいはきわめて容易に除去できます。さらに触媒として働くので、尽き てしまうこともありません。

代表的な例が抗菌タイルでしょう。光が当り続けるなら酸化チタンを コーティングするだけでよいのですが、通常はそこに銀や銅など、殺菌 効果のある金属を固定します。これにより光がない場合でも、菌やカビ を殺すことができます。その後に光を当てることで、その死骸まで分解 される、なんていううまいストーリーも期待できます。またタイル表面 の菌やカビだけでなく、空気中を浮遊しているものにも有効です。

光触媒による土壌の浄化光触媒殺菌効果の手術室への応用




光触媒の勉強資料 目次一覧