光触媒の歯の漂白への応用:光触媒の勉強資料

光触媒の歯の漂白への応用

光触媒の歯の漂白への応用

従来、歯を白くするために高濃度の過酸化水素や中濃度の過酸化尿素 を使った漂白が行われていましたが、皮膚を傷つける可能性もあり、特 に日本での認可は難しい状態でした。ところが、タバコのヤニや各種飲 食物など、歯を変色させる原因物質の多くは光触媒で分解が可能です。 そこから光触媒の歯の漂白への応用が注目されています。

例えば産業技術総合研究所のセラミックス研究部門は、酸化チタンと 低濃度の過酸化水素を主成分とする漂白材(MGC-01)を開発しました。 これを歯の表面に塗布し、波長約400nmの光を数分間照射することで、変 色歯を効果的に漂白することができます。この光は、紫外線ではなく紫 色の可視光というのがミソです。紫外線の場合、強さにもよりますが、 皮膚への悪影響が心配なためです。

また、光触媒は入れ歯の洗浄剤にも利用されています。歯石やヤニを 除去して白さを保つほか、匂いも取ることができます。人体から離れた ところで処理できるので、必ずしも可視光で行う必要はありません。太 陽光で丸一日を要する処理でも、ブラックライトなどを利用すれば20分 程度で同様の効果が得られることもわかっています。同じく産業技術総 合研究所セラミックス研究部門は、株式会社ニッシンと共同で、洗浄剤 にメチレンブルー10ppmを添加することで、二酸化チタンによる光触媒が さらに効果をあげることを確認しています。

光触媒と太陽光発電光触媒とプラズマ技術




光触媒の勉強資料 目次一覧